雑貨コンサルタント富本雅人の紹介ページ

雑貨コンサルタント®︎

繊研教室2020年8月4日イメージ

業務案内&実績 雑貨コンサルタントのメディア執筆他

「雑貨売り場からのヒント」-こんな時だからこそ発想力- 繊研新聞8月4日StudyRoom欄掲載

投稿日:

店舗コンセプト、売場企画、品揃え、コーナー作りのヒント

ファッション専門紙「繊研新聞」名物コラムStudyRoomに寄稿しました雑貨売場や、雑貨店の企画を考えるためのヒント。雑貨屋さんはじめ、各種物販、小売店の売り場企画、コーナー企画にも活かしていただければ幸いです。

【抜粋】今回は雑貨売り場の企画、商品開拓のヒントや刺激になるキーワードや考え方を記したい。20年以上前から、顧問先や生徒に話し続けている内容の一部だが、本紙読者の参考になるようであれば幸いだ。画家がモチーフにこだわるように、小説家がプロットづくりに頭をひねるように、雑貨ショップは売り場企画や品揃えで創造的な提案をすることが必要だ。

差別化や特色につながる独自の品揃えは店の存在感を高める。結果的に利益を追求できることが大前提だが、自店の商品や品揃えテーマから世を席巻する商品カテゴリーやトレンドが生まれることもあり得る。

パリのカフェで使われているグラスの機能美にほれて日本で本格的に販売した店主。戦前から製造の国産の素朴な日用品類を見直し「ロングセラーの名品」と新たなフレーズで売りだした店舗等々。多くの先達のクリエイティブな発想の結果、今の雑貨ビジネスがあるといっても過言ではないだろう。

雑貨店は、他の業種店以上に自由な発想が生かされる業態と言える。

逆転の発想、マニアックに追求、各業界プロの技からなど商品開発、売場企画、品揃えを計画する。

・業務用品、専門品

・年齢性別を変える

・場面を限定して

・プレゼントとギフト

・スタイルを極める

続きはこちらの繊研新聞購読者のページで

繊研教室2020年8月4日

 

-業務案内&実績, 雑貨コンサルタントのメディア執筆他
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 雑貨コンサルタント®︎ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.